忍者ブログ
ホロウタ ネタ不足なんでコメント欄にテーマやトピックを書いてくれれば助かります!
  カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  バナー
バナー作ってみました。 ウチはリンクフリーなのでジャンジャンお願いします。
  最新CM
(03/11)
(03/10)
(03/07)
(03/06)
(03/04)
  最新記事
  プロフィール
HN:
驟雨
性別:
男性
職業:
中学生
自己紹介:
受験生の驟雨がグチグチネチネチと語ります。
冗談が分かる、紳士さんや淑女さんの訪問を待っています。
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス状況
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1] [214]
2017/10/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/08/16 (Wed)

こんにちわ。  遊人です。

 

最近はホント暑い。

日本って赤道の上だったっけ?と思ってしまうぐらいだ。

実際海外旅行に行ったこともない俺が言うのも何だが。

暑いという事で、今日は怪談話を書こうと思う。

 

先日、友人からこんな話を聞いた。

「俺のいとこ大助って言うんだけど、小学校4年生ぐらいだったかな。

結構やんちゃ坊主でね。ある日友達4人で遊んでいて、誰が一番度胸があるか、なんて話になって。

肝試しをすることになったらしくてね・・・。」

すると友人はこんな話をし始めた。

「みんなで夜集まって、近くの廃病院に行こうって話になった。

実は大助は霊感が強くてね。 あそこがヤバいってことに、うすうす感づいてたみたいでね。

でも皆の煽りに負かされ、結局行くことにしたんだ。

 

午後9時。

夏とはいえ、当然もう外は真っ暗だ。

昼間見ればただボロボロなだけの建物も、夜みると本当に薄気味悪い。

4人は皆臆することなく時間通りに集まった。

4人の中で懐中電灯を持ってきたのは、半分の2人。

しかも一個ずつと来れば、ここまで心細いものはない。

昼間は大声で言い合いをしていた子らは、今は別人のように口を閉ざして開かない。

 

静寂を破ったのは、その4人の中でも一番体の小さい、圭太だった。

 

ルールは簡単。

病院の屋上から下にいる四人を懐中電灯で照らす、というモノだ。

 

早速先陣をきって、病院の中へ駆け込んで行った。

 

 

 

 

あまり長くなってもアレなので、前編、後編ぐらいに分けようと思います。

とりあえず、今日はココまで。

以後お見知りおきを。

 

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *