忍者ブログ
ホロウタ ネタ不足なんでコメント欄にテーマやトピックを書いてくれれば助かります!
  カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  バナー
バナー作ってみました。 ウチはリンクフリーなのでジャンジャンお願いします。
  最新CM
(03/11)
(03/10)
(03/07)
(03/06)
(03/04)
  最新記事
  プロフィール
HN:
驟雨
性別:
男性
職業:
中学生
自己紹介:
受験生の驟雨がグチグチネチネチと語ります。
冗談が分かる、紳士さんや淑女さんの訪問を待っています。
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス状況
[115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105]
2018/10/23 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/08 (Wed)

何か足が冷えるなぁ~と、ふと足を見てみると凍傷でした^^   という風に書きたかったのですがそれはあまりにも可哀想すぎる。

とにかく冬ですね。皆さんどうですか?

僕はなんか肩が寒いなぁと熱を測ってみると48度を越える発熱。アゥゥ・・・と悶えているうちにポックリと・・・・・・というのは冗談です。とにかく昨日から今日にかけて猛烈な寒さが日本列島を直撃。のんびりと焼き芋を頬張っているご老体も竜巻に吹かれて事切れる始末。やはりもう立冬を迎えてしまった以上、私たちは財布と外の寒さを自覚するべきですね。

 

 

 

昨日もお伝えしたように世の中にはテスト・テストとほざく学歴社会になってしまったので、当然の如くテストを受けなければならないという事実。全く不愉快な社会のサイクルにどうしようもないまま、受けました。

結果はどうとはいえませんが、まぁそんな感じだと思っていてください。きっと幾つかの修羅場が待ち受けていると思いますがそれはガキのやらかしたこと。笑って許してくれれば良です。謝謝。

 

 

なんか話題を変えるときにこういう→――――――――――――――――――――― みたいなのを使っていたんですが特に意味の無いことに気付き、止めることにしました。ウホッ、ハクリューつええw

お察しの通り、テストが終わってゲーム・ゲーム・ゲーム、とまではいってませんがとにかく気が緩んでます。もう人間生活面倒くさい。21世紀はバーチャルの世界が広がっていると思いました。でも現実は息苦しくなるような狭い社会。あー・・・お金になるならケツの穴でも売れるのかな・・・アッーーーーーー!!


 

 

 

突然ですが、自殺について、少しだけお話しさせていただければ恐縮です。

 

同じ中学生として、いじめというのはとてもシンパシー(sympathy)な内容であり、最近もいじめ絡みの自殺が毎日ニュースで踊っています。これはなんとかしてでも食い止めるべきです。特に自殺予告の手紙について。あと3日です。あと3日で一生徒の尊い命が失われようとしているのです。しかも、送り主が豊島区にあるというのです。豊島と聞いて僕はハッ、としました。どこやそこゎ!?

まぁ豊島といえば、年増、イコールカーチャン。カーチャンはこの間教えた電話帳登録についてのことを今日忘れていました。どんだけ覚える気がないんや!と叫びたくなるようなインパルス、いわゆる衝動に駆られたのですがもうそれは年増のことであり、年増の性(saga)というやつです。

ここで自殺とリンクするんですが、ストレスの日々の積み重ねがこういう衝動となり、自殺へと導くのです。皆さんがもしこれから自殺すると仮定してみてください。僕は右脳が弱いのか、出来ませんでした。皆さんはその仮定で死の恐怖を味わったと思います。やはり、人間に平等に"死"が与えられたとしても、その命を大切にしなければなりません。その大切なものを、自分の手で刈り取るというのは本当に心が痛みます。だから、文部科学省様は、一刻を争ってこの問題を解決するべきでしょう。

 

というのが建て前です。本音を言うと、死にたいヤツは死ねばいい。でも決して他人に迷惑をかけずに死ね、ということです。ネコは寿命が近づくと育った場所を離れ、孤独に死ぬといいます。マスコミを騒がせる時間があるなら、とっとと相談するがよし、改善するがよし、自殺するがよしです。まぁそこは個人の生き方、ましてや逝き方なのでしょうがそんなウジウジとした根性は樹海に投げ捨てて、もっと明るく生きましょう。

―――いじめられるのなら、相手に言えばいい。

―――相手が聴かないなら、こちらが変わればいい。

―――それでも意味がなければ、僕にでも相談してくれ。おいちゃん、そういう話はナンボでもききますわ。

 

それで、少しでも命が救われることを願っております。

 

 

 

長文・雑文・拙文となりましたが、最後までお付き合いくださって本当にありがとうございました。最後になりましたが、自分の心の中で『命について』よく考えてみてください。きっと、自分の命、ましてや人の命の大切さに気付くだろうと、僕は思います。今の世の中だからこそ、しっかり根を張って、人に優しくしてみてください。本当にそこら中で見る安い言葉だろうと思いますが、まぁそういうことです。

では失礼しました。おやすみなさいヾ(゚ω゚)ノ゛(尚、この文章に対する批判、中傷は控えてください。)

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
まだ生きた心を持ってたんだね!
インベ URL 2006/11/08(Wed)22:49:15 編集
無題
当たり前ですよ
驟雨 URL 2006/11/09(Thu)21:54:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *